セラミド産生で肌の潤いを強化する効果が期待できる!

米肌の主成分として使われているのが、ライスパワーNo.11と呼ばれるものです。ライスパワーNo.11とは、私たちが普段主食として食べることの多いお米を原料にしています。米を発酵させる過程の中で、出てくる成分で日本酒を製造する中で偶然発見された成分です。

 

ライスパワーNo.11がなぜ米肌の主成分となっているかというと、セラミドが関係しているからです。セラミドは強力な保湿効果のある成分として知られています。基礎化粧品の中にも配合されることが多いので、スキンケアを普段している人は名前だけは耳にしたことがあるはずです。

 

年齢を重ねるにしたがって、肌が乾燥する、カサつくという話はよく耳にします。年齢が上がってくるにつれ、セラミドが少なくなることが原因で、しわやたるみの原因となったり、毛穴が開いたりなどの肌トラブルを引き起こします。ライスパワーNo.11には、セラミドを産生する力があるのです。

 

しかも米肌に含まれるライスパワーNo.11は、肌の角層の奥深くまで浸透する力を持っています。そしてセラミドをどんどん産生して、肌のバリア効果を高めています。一方で、水分保持能に働きかけて保湿力を高い状態でキープしていきます。しわやたるみ予防になりますし、肌のキメも整い、毛穴の開きも目立たなくなって若くて美しい肌に変身できるわけです。

 

米肌に含まれるライスパワーNo.11は、100%国産の白米を使っているので安心して使用できます。白米を蒸した後にていねいに成分の抽出を行っています。90日間時間をかけて発酵しますので、保湿効果に優れたライスパワーNo.11を抽出できます。